教えて!プリント基板の基礎知識

プリント基板制作にかかる費用の概要

プリント基板を制作するに当たって、基板メーカーに発注する場合に必要となる費用は、大きく基板製造費とイニシャル費に分けられます。このうちイニシャル費は、プリント基板制作の費用全体に対して多くの割合を占めるものであり、基板メーカーの料金プランでは必ずと言っていいほど、この費用について言及されています。そのため、プリント基板を発注する際は、あらかじめイニシャル費について知っておくことが重要です。

イニシャル費とは、プリント基板の制作時に必要となる初期費用のことで、一般的にはフィルムやシルク版の作成費、CAM編集費、データ加工費などが含まれます。これらの費用は、プリント基板のサイズや発注枚数に関わらず必要となるもので、小ロットでの発注を行う場合は、製造費用の大半がイニシャル費となることも珍しくありません。また、基板メーカーによっては、チェッカー費やプリント基板管理費などが含まれることもあります。なお、同じプリント基板をリピート制作する際は、フィルムやシルク版の作成、CAM編集などの作業が不要となるため、リピート制作時には上記した費用はかかりません。

なお、近年はイニシャル費が無料のプランを提供している基板メーカーも存在します。無料プランが実現できている理由のひとつとしては、面付けを行っていることが挙げられます。面付けとは、1枚のプリント基板に対して、同じ仕様である複数の基板の配線パターンを形成して、完成後に切り離す製造方法です。これにより、基板1枚当たりの製造コストを抑えることが可能となり、イニシャル費の削減にもつながります。そのため、本来イニシャル費として必要となる費用を、基板製造費に吸収させてしまうことで初期費用の無料化を実現しているのです。

ただし、面付けという方法は、プリント基板をリピート制作する際には不向きな製造方法です。面付けは1度に複数の基板を制作する方法なので、特定の基板だけが必要となった場合に、余分な基板も制作しなければいけません。そのため、基本的にイニシャル費が無料のプランは、リピート制作を受け付けておらず、1度制作したことのある基板であっても、新規で発注する必要があります。

したがって、基板メーカーに依頼する際は、リピート制作が必要となるのかを慎重に判断する必要があります。1度限りの制作であればイニシャル費が無料のプランを選択し、同じ基板を再び制作する可能性がある場合はリピート制作に対応しているプランを選択すると良いでしょう。

おすすめ記事