教えて!プリント基板の基礎知識

プリント基板は、電子機器には必ずと言っていいほど使用されている重要な部品であり、幅広い分野、用途で使用されています。パソコンやスマートフォンなどの情報機器から、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった家電製品、自動車や航空機に至るまであらゆる製品に必要不可欠な存在です。そのため、電子機器の製造に携わるのであれば、プリント基板の基礎知識を身に着けておくと役に立つでしょう。

プリント基板とは、絶縁体の板の上に集積回路や、抵抗器やコンデンサ、トランジスタといった電子部品を固定して、その間の配線を銅箔などの金属箔で描くことで回路として機能させるための部品を指します。その役割は、取り付けられた電子部品によって変わりますが、基本的には信号伝送と電力伝送が主な役割です。また、基板上に高周波回路を構築して、アンテナとして使用するという特殊な用途もあります。

プリント基板が開発されるまでは、手作業によって電子部品をネジで固定して、部品間をリード線などでつないで製品の組み立てを行う必要があったため、膨大な時間と手間を要していました。そこで、製造効率を向上させるために、あらかじめ絶縁体の板の上に金属箔で配線を描いておき、そこに電子部品を取り付けるというものが開発されたのです。プリント基板を使用すれば、電子部品は決まった位置に取り付ければ良いので、取り付け作業を機械化させることが可能となり、生産性の向上やコスト削減につながります。また、電子部品を高密度に配線できるため、製品の小型化や軽量化にもつながりますし、同じ品質での製造可能となるため、製品の信頼性も向上します。このように、プリント基板には様々なメリットがあるため、現在では電子機器に欠かすことのできない部品となっているのです。

プリント基板プリント基板は電子機器の性能を左右する非常に重要となる部品ですが、その種類は様々存在しており、使用される素材によって特徴が異なります。そのため、基礎知識として、使用される素材による各種基板の特徴の違いを知り、使用用途や環境に応じて適切な基板を選択することが重要です。

なお、プリント基板は、プリント配線板やPCB、P板など様々な呼び名があります。また、プリント基板と言っても、電子部品が実装される前のものを指す場合と、電子部品が実装されて回路として機能するものを指す場合があるため注意が必要です。これらを明確に区別したい場合は、電子部品が実装前のものを生板や生基板、実装後のものを実装済み基板などと呼ぶことがあります。

おすすめ記事